労務コンプライアンス研修

コンプライアンスとは単なる法令遵守ではなく、自社が顧客や従業員に支持され存続するためのすべての企業活動を指します。この研修では将来に渡ってリーダーに必要な労務コンプライアンスの基本ルールを学びます。

取引先から従業員のコンプライアンス意識の向上を要請されていたり、今から後継者に知識をつけさせたい経営者の方はぜひご利用ください。

(対象)中小法人の管理職・経営幹部・後継者
(人数)1回につき10名程度まで
(場所)貴社の会議室またはオンライン
(標準所要時間)3時間
(標準価格)5万円

研修の効果

  1. 労働法をはじめとする基礎的なコンプライアンス知識を身につけることで労使トラブルや会社が望まない離職など業務遂行上の労務リスクが低減します。
  2. コンプライアンスの知識を持つ社員が増えることによって、社内外に信用力のある人材が育ち、顧客・取引先との関係が安定します。
  3. 定期的に研修を重ねることでステークホルダー(利害関係者)に安心して関与できる会社であることをアピールできます。研修実績は大学や専門学校への採用活動における自社の強みにもなります。

(主な内容)
・コンプライアンスの定義
・コンプライアンスにまつわる社会情勢及び労働市場の変化について
・企業倫理とコンプライアンスの関係
・コンプライアンス軽視が招く企業ダメージ
・日本における人事労務の法体系を知る
(労働基準法・労働契約法を中心に)
・なぜ企業不祥事は止まないのか?
・東洋哲学から考える信用力のある人材の育て方
・健全な労働環境と生産性・ES(社員満足)の関係について
・コンプライアンス体制の先進事例と破綻事例(ケースメソッド) ほか

 

企画書のダウンロードはこちら