支援型リーダーシップ研修

リーダーシップとは社員を引っ張るためのマインドではありません。社員の成長を支援し、組織をまとめていくための具体的な考え方とスキルの事です。リーダーが人を育て、業績に貢献する社員を増やすためのルールをこの研修を通じて学びます。

(対象)管理職・経営幹部・後継者
(人数)5~10名程度
(場所)貴社の会議室またはオンライン
(標準所要時間)3時間
(標準価格)5万円
※人数による価格の変更はありません

研修の効果

  1. 時代が求めるリーダーの型を身につけることで、部下指導に一貫性が生まれ、若手社員の早期離職のリスクが低減します。
  2. 職場で自分がどう振る舞えば良いのかわかり、人を育てる負担感が軽くなります。
  3. リーダーシップを高める方法を知ることによって、自らが目指すべきリーダーのあり方が明確になります。

(主な内容)
・リーダーシップとは
・リーダーとプレイヤーの違い
・現代のリーダーに求められる役割
・支配型から成長支援型へ
・渋沢栄一も学んだ東洋最古の帝王学
・龍の成長モデルから支援型リーダーの原則を知る
・「陽」のリーダーが持つべき「陰」のチカラ(共感・信頼・支援)
・生産性の高い職場環境とリーダーシップの関係
・リーダーシップ発揮の成功事例と失敗事例(ケースメソッド) ほか